通話ヘビーユーザーにおすすめのマルチキャリアMVNO!Fiimo(フィーモ)の速度・口コミ・評判を解説!

  • 【期間限定】現在H.I.S.モバイル最低利用期間と解約金なしのキャンペーンが実施中です!
    国内SIMプラン全てが対象ですので、この機会にH.I.S.モバイルで格安SIMをはじめてみましょう。

Fiimo(フィーモ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fiimo(フィーモ)とは

「Fiimo(フィーモ)」は、四国電力子会社であるSTNet運営の格安SIMサービス(MVNO)です。
マルチキャリア対応であることや通話オプションが充実していることが特徴になります。

支払い方法 クレジットカード
最低利用期間 データ通信SIM:1ヶ月
音声通話SIM:1年間
回線 au回線、ドコモ回線

料金プラン

データ通信SIM データ通信SIM
(SNS機能あり)
音声通話SIM
3GB 900円 1,150円 1,600円
6GB 1,600円 1,750円 2,300円
10GB 2,650円 2,800円 3,350円
20GB 4,200円 4,350円 4,900円
30GB 6,200円 6,350円 6,900円

現在のところ5つのプランのみと、シンプルな料金体系となっています。

その他料金詳細

契約初期手数料 3,400円
SIMカード再発行手数料 3,400円
容量追加 100MBにつき150円
国内通話料 20円/30秒
留守番電話 300円
キャッチホン 200円
解約手数料 10,000円

※価格はすべて税別表示となります。

大容量プランが格安で利用できる!FUJI SIMの速度・口コミ・評判を解説!
FUJI SIMとは 「FUJI SIM」とは、株式会社レグルスが提供している格安SIMサービスのことです。 データ通信専用SIMとなっており、2018年5月1日よりサービスが開始されています。 支払い方法 ...

Fiimo(フィーモ)のメリット

au・ドコモ回線が使えるマルチキャリアMVNO

Fiimo(フィーモ)はau回線ドコモ回線のどちらか選べますので、使用しているスマホ端末のキャリアに合わせて格安SIMを利用することができます。

au回線対応のMVNOは限られていますので、格安SIM変更後もauスマホを利用していきたい方には検討候補の一つとなります。

充実した通話オプション

オプション名 月額料金 概要
Fiimoおトクでんわ
通話パック30
500円 Fiimoおトクでんわでの通話料金600円分が利用可能
Fiimoおトクでんわ
通話パック45
720円 Fiimoおトクでんわでの通話料金900円分が利用可能
Fiimoおトクでんわ
10分かけ放題
850円 Fiimoおトクでんわでの10分以内の通話がかけ放題

Fiimo(フィーモ)では、通話に関するオプションが用意されており、自身の利用頻度に合わせて選択することが可能です。

10分かけ放題オプションは月額850円と、他社と比べても安めの価格設定となっています。

容量繰り越しが可能

Fiimo(フィーモ)ですが、使い切れなかった容量は自動的に翌月に繰越されます。

また追加でチャージした容量翌月繰り越し対象になります。
チャージしたいけど月末まで使い切れるか不安という方にも、利用しやすいサービスと言えます。

繰り越し容量のシェアが可能

Fiimo(フィーモ)では、翌月に繰越した通信容量のシェアが可能ですので、家族みんなで余ったデータ容量を利用することができます。
利用は無料で最大5回線まで分け合うことが可能です。

家族みんなで無駄なく容量を使い切ることができ、家族で利用する方には嬉しいサービスと言えます。

実店舗がある

四国地方中心ではありますが、提携ショップ内でリアル店舗を構えています。
初期設定サポートや格安SIMの不明点などを詳しく聞くことが可能です。

またWEB申し込みの場合でも提携ショップに来店すれば、面倒な初期設定を無料でおまかせすることもできます。
提携ショップはイオンモールやパソコン工房、PC DEPOTとなっています。

年中無休の電話サポート

Fiimo(フィーモ)ではメールでのお問い合わせのほかに、年中無休電話サポートを行っています。

他社では行っていても平日のみの場合が多く、会社が休みである休日にサポートを受けることが難しい状態でした。
Fiimo(フィーモ)の電話サポートは朝9時から夜19時まで受け付けておりますので、休日にゆっくりと問い合わせができることがメリットになります。

動作確認済みの端末が豊富にある

Fiimo(フィーモ)ですが、auとDoCoMo端末はもちろん、SIMフリー端末でも使うことができます。
動作確認済み端末は豊富にあり、自分が持っているスマホ端末が利用できるか調べたい場合は、公式サイトから確認することが可能です。

人気のiPhoneも、auとDoCoMoもしくはSIMフリー端末であれば、SIMロック解除なしで利用することができます。

Fiimo(フィーモ)のデメリット

支払い方法はクレジットカードのみ

利用料金の支払いはクレジットカードのみとなっており、口座振替やデビットカードで支払うことができません。
クレカを持っていない場合は申し込めないことがデメリットになります。

販売中のSIMフリー端末一覧

端末名 一括払い
iPhone6s Plus(16GB) 59,800円
iPhone6s (16GB) 48,800円
iPhoneSE (16GB) 37,800円
AQUOS sense lite SH-M05 32,800円
富士通 arrows M04 32,800円
HUAWEI P10 lite 29,800円
⇒19,800円(在庫限り)
HUAWEI nova lite 2 25,800円
⇒15,800円(5/6まで)
ASUS ZenFone 4 Max 24,800円
VAIO Phone A 19,800円
⇒9,800円(在庫限り)
AQUOS ZenFone™ Live 19,800円
⇒9,800円(在庫限り)
ZTE Blade V7 lite 19,800円
⇒6,800円(在庫限り)

最新の情報とは異なる場合がございます。

Fiimo(フィーモ)の口コミ

Fiimo(フィーモ)のキャンペーン情報

フィーモのばら 家計見直し応援(web限定)

「音声&データ通信タイプ(音声通話SIM)」を申し込みされた方に限り、利用開始した月の翌月から5ヶ月間500円割引になります。
音声通話SIMの3GBプランなら、5ヶ月間は1,100円で利用できますのでお得です。
かけ放題オプションを付けても1,950円と、業界最安水準で利用することができます。

また全プラン対象で下記オプションサービスが3か月無料となります。
(通話パック30、通話パック45、10分かけ放題)

【開催期間】2020年11月30日まで

夏スマホ買い替えキャンペーン

対象のアンドロイド端末が最大1万円割引されます。

  • ASUS ZenFone Max(M2)が16,500円(10,000円割引)
  • HUAWEI nova lite 3が16,800円(10,000円割引)など

【開催期間】2020年7月31日まで

Fiimo(フィーモ)のまとめ

  • au回線とドコモ回線のマルチキャリア
  • 通話オプションが充実
  • キャンペーン利用でお得になる

Fiimo(フィーモ)の評価ですが、マルチキャリア対応で数少ないau回線を扱うMVNOになります。
通話オプションが充実していますので、電話をよく利用する方にはおすすめです。

またキャンペーンも随時開催されていますので、活用すれば他社よりもお得に利用できることでしょう。
なるべく料金を抑えて電話も良く利用される人におすすめの格安SIMと言えます。

格安SIM(MVNO)の速度や料金を比較!【2020年最新版】
本記事では最新の格安SIM比較情報をご紹介しています。 名称をクリックすると、格安SIMの詳細記事が見れますのでご参考になればと思います。 格安SIM(MVNO)の比較【2020年最新版】 楽天モバ...
格安SIM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
q904jtivsmをフォローする
アロイド.com