格安SIMとは?メリットとデメリットも

  • 【期間限定】現在H.I.S.モバイル最低利用期間と解約金なしのキャンペーンが実施中です!
    国内SIMプラン全てが対象ですので、この機会にH.I.S.モバイルで格安SIMをはじめてみましょう。

格安SIMとは

いきなりですがスマホの料金って高いですよね~!
私も電話やらネットを使いすぎて、翌月の明細を確認したらびっくりした頃が懐かしいです^^;

そんなスマホの料金を安くできるサービスがあることはご存知でしょうか?
毎月掛かる料金を少しでも安くできればありがたいですよね^^!

そのサービスは「格安SIM」になります!

…名前は聞いたことあるけど、なんか乗り換えするのが面倒くさくてやってないな~

と思った方が大半ではないでしょうか。
実は私も乗り換え前は手続きなどが一杯あるんだろうな~と思っていました。
確かに多少手続きはありましたが、乗り換えたことで料金を1/3まで下げることができました^^!
ということで本ページでは格安SIMへの乗り換えの仕方から格安SIMのメリット&デメリットを初心者の方にもわかりやすくお伝えしていきますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

格安SIMの基本情報

格安SIMとは

格安SIMとはSIMカードを利用して、格安通話・通信サービスを受けれるサービスのことです。
大手キャリアから通信回線をレンタルして、SIMカードを使用した通話・インターネットのサービスを提供しています。
大手キャリアよりも安く通話・通信サービスを利用できることから、「格安SIM」と呼ばれるようになりました。

格安SIMはSIMフリーの端末であれば様々な会社が提供している格安SIMを利用することができます。
その格安SIMを提供している会社のことを「MVNO」と呼びます。

MVNOの詳細

MVNOは「仮想移動体通信事業者」とも呼ばれ、自前の設備を持たずに大手キャリアから回線を借りて、サービスを行っている事業者のことを言います。

ところでSIMフリーって?

SIMフリーとは大手キャリアの利用制限(SIMロック)にかからずスマートフォン&タブレットが利用できることです。
格安SIMはSIMフリー端末に差して利用することになります。

SIMカードとはなにか

SIMカードはスマホ、タブレットなどに入っている小さなICカードのことになります。
LTEなどのモバイル回線を利用して通話やネットを行うのには、SIMカードが必要になります。

2種類のSIMがある

格安SIMには「データ専用SIM」と「音声通話SIM」の2種類にあります。
「データ専用SIM」はインターネットのみ利用できるSIMのことです。
一方「音声通話SIM」は通話とネット両方ができるSIMですので、どちらも利用する予定のある方は「音声通話SIM」を選ぶようにしましょう。

安くなるって言われているけど本当?

格安SIMの料金体系は、基本的に月に利用できる容量ごとにプランが分かれています。
当然利用できる容量が多いほど支払う料金も高くなっていきます。
最近では使い放題プランも続々と登場しており、速度の制限こそありますがどれだけ利用しても定額料金で利用できるのは嬉しいですね。

料金の詳細ですがデータ専用SIMではなんと無料で提供しているところもあるぐらいです。
音声通話付きのSIMの場合でも、1,000円台からと大手キャリアに比べてかなりお得になることがわかると思います。

私自身も大手キャリアからとある格安SIMに変更しましたが、価格が4分の1になりました(笑)
これだけ安くなると思っていなかったので、今まで払っていた料金は何だったんだ?とも思ってしまいましたね^^;

格安SIMのメリット

スマホ料金が安くなるだけでなく、他にも格安SIMにはさまざまなメリットがあります!

最低利用期間が短い

大手キャリアで利用されている方は「2年縛り」という言葉はご存知だと思います。
2年の契約を条件にして契約時の料金が割引される仕組みのことです。
途中で解約すれば違約金が発生します。

「2年縛り」にも色々ルールがありますが、一般的には「更新月」と呼ばれる期間のみ違約金なしで解約が可能となります。
その「更新月」を過ぎると自動更新となり、また2年間最低利用期間として縛られ、解約するには違約金が発生してしまうのです。
てっきり2年たったらもう違約金発生しないものだと思いましたので、そこは良く調べなかった自分を反省しております。

さて本題ですが、格安SIMにも縛り(最低利用期間)こそありますが大体「半年~1年間」がほとんどです。
さらに自動更新がありませんので、1年たったら解約しても違約金が掛かりません!
というかこれが当たり前のような・・・^^;

ですので他の会社に乗り換えやすいのが格安SIMの良いところと言えますね。

自分に合ったプランを選ぶことができる

格安SIMでは数えきれないほど各社多くのプランを用意しておりますので、自分が必要としているプランのみ選択することが可能です。

例えばデータ通信のみ利用したい場合は、データ専用プランを選ぶと良いでしょう。、

また必要ないオプションなどは契約する必要がありませんので、毎月のスマホ料金を大幅に抑えることができます。

格安SIMのデメリット

キャリアメールが利用できない

格安SIMに変更するにはキャリアを解約しないといけませんので、あたりまえではありますがキャリアが提供している「○○○@docomo.ne.jp」(ドコモの場合)などのキャリアメールが利用できなくなってしまいます。

これはフリーメール(Gmail、Yahooメールなど)を活用することで、代わりの新しいメールアドレスを取得できます。

ここで注意すべき点はキャリアメール宛てに登録しているメルマガサービスを、新しいメールアドレスに変更するのを忘れないようにしましょう。

クレジットカードが必須

現在のところほとんどの格安SIMサービスでは、カード決済のみしか対応しておりませんので、クレジットカードを保有していない方は契約できないという状態になっています。

一部の格安SIM事業者では口座振替など順次対応していっていますが、まだまだ利用者にニーズに答えられていると言った状況ではないでしょう。

おそらく時間の経過と共に解決していく問題だと思いますが、現段階ではカード非保有者にとって、利用しづらい環境と言えます。

通信の質はキャリア回線に軍配

格安SIMの方がデメリットと言えるのは、データ通信の品質も該当するでしょう。
平日昼間のお昼休みの時間帯は、会社で一斉にネットを使用することもあって、回線が非常に混雑しています。

その時間帯に格安SIMで通信を行うと、繋がりにくかったり通信速度が極端に落ちてしまうことが多いです。
回線が混雑する時間帯以外は、キャリアと同等の通信品質となりますので、使い方を工夫して利用していきましょう。

格安SIMまとめ

格安SIMは大手キャリアで掛かる料金よりもグッと安くなりますので、毎月の携帯料金を抑えたい人にはぴったりなサービスと言えるでしょう。

また電話番号も引き続ける点も大きなメリットとなります。

今後も利用者が大きく伸びていくと言われている市場ですので、さらなるサービスの充実化もますます期待出ることでしょう。

格安SIM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
q904jtivsmをフォローする
アロイド.com