タダで容量がもらえる!マイネオ(mineo)の評判と口コミを徹底解説!

  • 【期間限定】現在H.I.S.モバイル最低利用期間と解約金なしのキャンペーンが実施中です!
    国内SIMプラン全てが対象ですので、この機会にH.I.S.モバイルで格安SIMをはじめてみましょう。

マイネオ(mineo)

マイネオ(mineo)とは?

マイネオは、MVNOの中でもCMなどでメディア露出を積極的に行い、人気を集めている格安SIMです。
ドコモ回線とKDDI(au)回線の2種類の回線を借りて運用している、数少ない会社ということが特徴です。
運営会社はeo光で有名な「株式会社ケイ・オプティコム」となります。

料金プラン

Aプラン (au回線) Dプラン(docomo回線)
タイプ別 シングルタイプ
(データ通信専用)
デュアルタイプ
(音声通話付き)
シングルタイプ
(データ通信専用)
デュアルタイプ
(音声通話付き)
500MB 700円 1,310円 700円 1,400円
1GB 800円 1,410円 800円 1,500円
3GB 900円 1,510円 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,190円 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,590円 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,510円 5,900円 6,600円

料金プランですが、Aプランがau回線を利用できるプラン、Dプランがドコモ回線を利用できるプランとなっています。

マイネオはデータ通信専用SIM(シングルタイプ)と音声通話付きSIM(デュアルタイプ)の2種類となっており、それ以外の機能はオプションとして追加で申し込みを行います。
その為もし追加で必要な機能が欲しい場合、後からオプション形式で追加していくという形になります。

その他料金詳細

契約初期手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円
通話料金 20円/30秒
回線 au回線、ドコモ回線
データ通信容量の繰越 できる
解約手数料 なし

オプションサービス

SMS機能追加 Aプラン:無料(標準)
Dプラン(シングルタイプ):月額120円
Dプラン(デュアルタイプ):無料(標準)
データ通信容量の追加 100MBにつき150円
※追加容量の期限は翌月末まで
※一括購入は10口まで

※すべて税抜表示での価格となっています。

マイネオ(mineo)のメリット

マルチキャリア対応

マイネオの最大の特徴は、au回線&ドコモ回線両方使用できるマルチキャリア対応ということでしょう。
au&ドコモのキャリアから格安SIMに変更する際にもメリットとなります。

通常、大手キャリアの端末にはそれぞれSIMロックという利用制限があり、そのキャリアの回線しか利用できないようになっています。
マイネオではau回線&ドコモ回線どちらも対応しておりますので、SIMロックが掛かっている端末に対応したキャリア回線プランを選択することで利用することが可能となります。

現在使っている端末をそのまま利用することもできますので、アプリのデータが消えるなどの心配もする必要がなくなりますね。

他の会社では1つのキャリア回線のみ対応した格安SIMが多いですので、マルチキャリア対応であるマイネオ利用するメリットは大きいでしょう。

ちなみにソフトバンクユーザーの方でも端末を「SIMフリー化」すれば、マイネオ(mineo)(Aプラン・Dプラン)で利用することが可能です。

料金がお得

マイネオの最大のメリットは、そのリーズナブルな安さといえるでしょう。
一番利便性の高いプランである音声通話SIMのデータ容量6GBプランでも、2,190円という利用しやすい安さが魅力的になります。

シングルタイプ(データ通信のみ)も1GBプランは基本料金が800円、3GBが900円という低価格です。
通話専用のフィーチャーフォンとデータ通信専用のマイネオシングルタイプを組み合わせた場合でも、キャリアなら月額6,000円掛かる携帯電話料金が3,000円以下になるのです。
そして余ったデータ容量を、翌月に繰り越しできるデータ繰り越しが利用できるのも嬉しいですね。

もしマイネオの料金の安さに興味を持った方は、「料金シミュレーター」というどのくらい料金が安くなるかを知ることができるツールがありますので、マイネオの公式サイトで確認してみましょう。

フリータンクで無料で容量追加できる

マイネオには、「フリータンク」というオリジナルサービスが存在します。
このサービスは余っている通信容量を、親切なユーザーがこのフリータンクに寄付してくれるサービスになります。

この寄付サービスのおかげもあり、最大毎月1GBを無料でもらうことが可能となります!
このサービスを利用することで1GBを無料で頂くことができるので、大容量のプランでなくても、使い方によっては十分やりくりしていけますね。

バースト転送機能あり

mineoにはバースト転送機能が用意されております。
この機能は、最初の一定容量(75KB分)を高速通信と同じ速度で利用できる機能になります。

各通信毎にバースト転送機能がかかりますので、容量が少ないテキスト主体のページやSNSなどでは、読み込みのストレスがなく利用することが可能になります。

格安SIMがすぐに利用できる

他の会社ではMNPの切り替え申請を行って、SIMカードが自宅に届くまでのタイムラグが数日ほどかかる場合があります。
長い場合は1週間ほどかかってしまうので、その間スマホが利用できなくなるのが一番辛いですよね…(>_<)

それに対してマイネオは、SIMカードが自宅に到着してからご自身でMNPの切り替え手続きを行いますので、手続き後30分ぐらいで格安SIMが利用可能となります!

たった30分で格安SIMが利用できますので、スマホが使えない期間を短くしたい方にはありがたい仕組みと言えますね^^

かけ放題プランの「mineoでんわ」

mineoでんわは一回の通話が10分以内であれば、月額850円で何回でもかけ放題できるお得な通話プランのことです。
短時間の電話が多い方にはぴったりと言えるかけ放題サービスになりますね♪

現在使用している電話番号で発信されますので、相手方にも困らせることがないでしょう。
アプリからの発信でかけ放題の対象になります。

一部のデビットカードが使用できる

公式には記載がありませんが、一部のデビットカードが利用できる可能性があります。
明確な審査の通過基準は不明ですが、デビットカードの口座にある程度残高があれば通過するとのことです。

できれば利用料金の半年分以上の金額を入金しておくことをおすすめします。

「ジュニアパック」サービスがはじまりました!

「ジュニアパック」とはお子様が安心して利用できるように、セキュリティ対策やフィルタリング、また自己学習に便利なアプリが付いたアプリパックサービスになります。

月額料金は200円(税抜)となっており、利用するには申し込みが必要です。

たった200円で全11個のアプリが利用し放題になりますので、とてもお得で安心なサービスと言えますね。

残念なのはiPhoneのOSであるiOSでは利用できないアプリの為、パックサービスも申し込めない点になります。
今後の対応に期待ですね。

動作確認済みの端末が業界トップクラス

マイネオのトップページ上部と目立つ場所にある「動作確認端末一覧」ですが、これはマイネオの格安SIMが利用できるか、実際に動作確認をした端末の一覧ページとなっています。

ここに記載がない端末は利用不可となるのですが、マイネオではau端末約100種類ドコモ端末約300種類と非常に多くの端末が動作確認済みとなっています。

ここまで多くの端末が対応しているのは業界でもトップクラスの水準となりますので、お手持ちの端末が利用できないといったこともあまりないと思われます。

容量の繰り越しが可能

マイネオでは基本容量の翌月繰り越しが行えますので、月によってあまり使わない時でも、余った容量は次の月で利用することができます。

使用期限こそ翌月末までですが、繰り越した容量が優先されて消費されていきますので、無駄なく通信容量を使うことができます。

テザリングが無料

テザリングとは、タブレットやノートPCをスマホと接続することでインターネットを行う方法のことです。

マイネオではテザリング機能が有料ではなく、なんと無料で行うことが可能です。
外出先でよくノートPCなどを利用する方には非常にありがたいサービスとなりますね。
ただ端末によっては使用できないものもありますので、公式サイトの「対応端末一覧」でチェックしておきましょう。

マイネオにはデメリットはあるのでしょうか?
本ページではデメリットも余すことなくお伝えしておりますので、格安SIM選びのご参考になればと思います。

数多くのランキングで受賞実績

マイネオ(mineo)はこれまで、「顧客総合満足度 第1位」「iPhone利用者シェア 第1位」など数多くの賞を受賞しています。

長期利用特典を開始するなど既存ユーザーを大事にしていることもあり、利用ユーザーから高い評価を受けていることが証明されました。

マイネオ(mineo)のデメリット・欠点とは?

SIMロック解除が必要な場合がある

auのau VoLTE対応端末の場合、マイネオを利用するには、SIMロック解除が必要になります。
最新モデルはほとんどau VoLTE対応端末となっています。

解除はネット上で行えず、auのショップで行わないといけない点がやや面倒と言えますね。

ただ解除自体にかかる時間はとても短く、すぐ作業が完了となります。
私も何度か解除してもらいましたが、5分も掛からず解除できました。
ショップが混雑する時間をさければ、すぐにSIMロック解除が行えて格安SIMを利用することが可能です。

平日お昼の時間帯に速度が落ちる

マイネオに限らず、格安SIM全般に言えることなのですが、サラリーマンのお昼休みが重なる12時から13時の時間帯は、通信速度が遅くなってしまいます。

皆が一斉に利用するので、ネット速度が落ちてしまうのは仕方ない部分とも言えますね。
混雑具合によっては、動画を見ることも厳しくなる時があります。

これに対応する方法として、マイネオでは「プレミアムコース」という、全ての時間で優先的に通信ができるサービスが用意されております。
プレミアムコースを利用することによって、全時間帯で快適に通信が行えるようになります。
現在のところ、抽選方式で誰でも利用できるサービスではありませんが、いずれどなたでも利用可能なプランになることに期待したいですね。

マイネオ(mineo)の速度は?

平日お昼の速度はやや遅くなってしまいますが、それ以外の時間帯については安定した速度が出ているとの意見が多かったです。
逆に特別速いとの口コミも多くはありませんでした。

販売中のSIMフリー端末一覧

端末名 分割払い
(24回払い)
一括払い
ZenFone 4 Max 825円 19,800円
AQUOS R compact SH-M06 2,825円 19,800円
HUAWEI nova lite 2 950円 22,800円
AQUOS sense lite SH-M05 1,375円 33,000円
ZenFone 4 2,350円 56,400円
HUAWEI P10 lite 1,150円 27,600円
arrows M04 1,325円 31,800円
HUAWEI nova 1,400円 33,600円
arrows M03 1,200円 28,800円
HUAWEI MediaPad M3 Lite 1,225円 29,400円
HUAWEI MediaPad T2 8 Pro 950円 22,800円
UAWEI MediaPad T2 8 Pro 950円 22,800円

最新の情報とは異なる場合がございます。

マイネオ(mineo)の口コミ

お得なキャンペーン情報

祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン

auプラン(Aプラン)デュアルタイプ:月額料金から977円をご利用開始翌月から6カ月間割引。

ドコモプラン(Dプラン)デュアルタイプ:月額料金から1,067円をご利用開始翌月から6カ月間割引。

(例)auプラン(Aプラン)デュアルタイプの3GBプランの場合、6か月間533円で利用できる。

【開催期間】2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)

マイネオ(mineo)のまとめ

  • マルチキャリア対応で数少ないau回線MVNO
  • パケットをシェアしあえる「フリータンク」
  • 音声通話付きSIMが安い
  • 最低利用期間がなく違約金が発生しない
  • 「LaLa Call」という通話アプリが無料で利用可能
  • 速度が遅くなる時間帯がある
  • SIMロック解除が必要な機種がる

マイネオにはデメリットもありますが、総合的にみるとメリットの方が多い格安SIMと言えます。

低価格の料金体系で初心者の方でも始めやすいことや、「価格.com」が発表した、格安SIM部門の満足度ランキング1位にも輝いたことから利用ユーザの満足度も高いことがわかります。

さらに他の会社はドコモ回線のみというところが一般的となっておりますが、マイネオはドコモ・au両方使用できるマルチキャリアという点が強みとなります。
またパケットギフトという家族や友人がいるほどメリットが大きいサービスも嬉しいサービスですね。

メリット・デメリットをしっかりと把握して、ご自身の利用目的にあっているかの確認を忘れないようにしたいですね。