通信速度は業界トップクラス!UQモバイルの評判と口コミを解説!

  • 【期間限定】現在H.I.S.モバイル最低利用期間と解約金なしのキャンペーンが実施中です!
    国内SIMプラン全てが対象ですので、この機会にH.I.S.モバイルで格安SIMをはじめてみましょう。

UQモバイル

UQモバイルとは

UQモバイルはUQコミュニケーションズ株式会社が提供している格安SIMになります。
数少ないau系のMVNOとなりますので、auユーザーの方は必見です!

支払い方法 クレジットカード、口座振替
最低利用期間 【音声通話付きプラン】12か月
【ぴったりプラン、おしゃべりプラン】2年の契約期間
回線 au回線

料金プラン

データ通信SIM
(SMS機能あり)
音声通話SIM 通信速度
データ無制限プラン 1,980円 2,680円 下り最大500kbps
上り最大500kbps
データ高速プラン
(高速通信3GB)
980円 1,680円 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
ぴったりプランS
おしゃべりプランS
(高速通信2GB)
なし 1,980円 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
ぴったりプランM
おしゃべりプランM
(高速通信6GB)
なし 2,980円 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
ぴったりプランL
おしゃべりプランL
(高速通信14GB)
なし 4,980円 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps

音声通話プランには一回5分間の無料通話が付いた「おしゃべりプラン」や、月に最大60分~180分通話無料になる「ぴったりプラン」などがあります。
また定額無料通話なしの「データ高速プラン」も用意されています。

その他料金詳細

契約初期手数料 3,000円
通話料金 20円/30秒
MNP転出手数料 1番号につき3,000円
SIMカード(再発行、交換)手数料 1枚につき3,000円
留守番電話機能 電話基本パックに付属:月額380円
割込通話機能 マルチSIM(VoLTE用)のみ有償:月額:200円
データ通信容量の追加 100MB⇒200円(有効期限90日)
500MB⇒500円(有効期限90日)
解約手数料 9,500円(最低利用期間内、契約期間外での解約)

※価格表記はすべて税抜です。

UQモバイルのメリット

通信速度は最高クラス

UQモバイルの最大の特徴は、他の格安SIMと比較してインターネット速度が速いことになります。
通常他の格安SIMの場合、会社員など昼休みに一気に利用が増える平日昼間の時間帯には弱く、速度がどうしても落ちてしまいます。
UQモバイルではその時間帯でも安定して通常の速度を保っていますので、昼休みに利用してもストレスを感じることはないと思います。

しかもその速度ですが、時間帯によっては大手キャリア以上になるとも言われていますので、ネット速度にはかなり期待できる格安SIMでしょう。
「格安SIMアワード2017上半期 通信速度部門」では3年連続の最優秀賞を受賞しています。

「途切れず安定してネットを楽しみたい」「通信速度が速くないと利用しづらい」と考えている方には、UQモバイルが最適な選択肢になると思います。

最大速度500kbpsのデータ無制限プラン

UQモバイルの無制限プランですが、直近3日間の利用制限(6GB)こそあるものの、最大通信速度が500kbpsも出るプランとなっています。

他社よりも速度が速めとなっていますので、動画も360pぐらいの画質であれば視聴することが可能です!
前述した6GBの利用制限も普通に使用するのであれば、500kbpsの速度と縛られている中で到達することはほぼないでしょう。

実質速度も500kbps前後で安定しており、無制限プランでも通信品質が安定していることがわかります。

キャリアEメールサービスが使える

格安SIMのデメリットとしてキャリアメールが使えないことになりますが、UQモバイルでは「@uqmobile.jp」というキャリアメールを習得できます。
キャリアメールが使えるのは現在UQモバイルとワイモバイル(Y!mobile)だけです。

迷惑メールとしてブロック扱いされやすいフリーメールアドレスよりも、信頼性の高いキャリアメールが使えることはメリットになるでしょう。

ターボ機能で通信料節約

UQモバイルはターボ機能という、データ通信量を消費しないモードが用意されています。
これをオフにすることで速度が300Kbpsに落ちる代わりに、データ容量を消費しないことが可能になります。

300Kbpsのネット速度は、動画を見るのは少し厳しいですがSNSや音楽、テキスト主体のページなら普通に利用できる速度になります。
この機能を上手に活用することで、毎月の容量制限も気にすることなく過ごしていくことができるでしょう。

低速通信の初速は速め

UQモバイルの低速モードですが、他社の低速通信と比較して速めの速度が出ています。
他社で言うバースト転送機能のような機能が搭載されています。

公式には発表されていないため今後この機能が無くなる可能性がありますが、現段階ではバースト転送機能と似た機能があることはメリットになります。

テザリングは無料

UQモバイルは、一般の大手キャリアの端末と同じようにデザリング機能を利用することができます。
しかもタダで使用できますので、良く外で利用される方にはありがたい機能サービスですね。

SIMロック解除なしで利用できるau系端末もある

VoLTE対応のau機種はSIMロックをauショップにて必要となりますが、2012年~2014年冬までに発売された機種に関しては、SIMロック解除が不要でそのまま利用可能となります。

口座振替に対応

UQモバイルの支払い方法ですが、都市銀行やゆうちょ銀行での口座振替が可能となっています。
クレジットカードを使用したくない・保有していない方でも、格安SIMを利用できることがありがたいですね。

UQモバイルのデメリット

月額料金が少し高め

UQモバイルでは、SIMのみの契約だと他社より少々月額料金が高めに設定されています。
価格だけで見れば100円~200円の小さな差ですが、毎月払うとなると少しでも価格を抑えたいですよね。

これは後述する快適な通信速度を提供するために、回線の借主に多くお金を支払っているからだと言われています。
少し料金が割増されているからこそ、最高品質の通信速度が得られていると考えれば、高い買い物ではないと思います。

対応している端末がわかりにくい

動作確認済みの端末自体は載っていのですが、それぞれのOSのバージョン情報が一部しか載っておりません。
そのため機種は対応していても、OSのバージョンが異なれば格安SIMが利用できない恐れがあります。

動作確認したOSのバージョン情報ごとに、もう少し詳細に記載してくれればありがたいですね。

販売中の格安SIMフリー端末一覧

端末名 24回払い 一括払い
DIGNO® A
(RAM 3GBモデル)
2,462円 31,212円
HUAWEI nova 2
(RAM 4GBモデル)
2,678円 31,212円
HUAWEI Mate 10 Pro
(RAM 6GBモデル)
2,138円 33,804円
HUAWEI P10 lite
(RAM 3GBモデル)
2,138円 33,804円
AQUOS L2
(RAM 2GBモデル)
2,138円 31,212円
ZenFone 4 Selfie Pro
(RAM 4GBモデル)
3,596円 46,224円

最新の情報とは異なる場合がございます。

UQモバイルの口コミ

UQモバイルのまとめ

UQモバイルですが、過去にネット速度部門で賞を受賞するなど、インターネット速度にはかなり定評がある格安SIMになります。
au系の格安SIMで、「いつでもネットを快適に利用したい!」という方には非常におすすめできますので、是非UQモバイルで、格安SIMの利用を検討してみてはいかがでしょうか。